読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラノベ資料発掘所

本をあまり読まない筆者が、読んだ本のレビューやら考察やらを書いていくブログ

萌える! 悪魔事典

最初に書いておきます。

参考資料用として買ったんだからね!!

 

と書いてしまえば、

いかにも絵に釣られて買ってしまったようにしか見えないけど。

 

 

SIT(スーパー言い訳タイム)

昨今「萌え」が周期表にまで進出したという話を知っているだろうか。

「どうせ女の子のキャラデザイン載せとけば売れる」みたいな、オタクたちを舐め腐っているような発想なのだろう。この前スーパーに売っていた、ミカンの袋に描かれた女の子の絵と同等なものだろう。そう思っていながらも、気になっていた。

見た目が見た目だけに媚びへつらうイラスト本。ではなく、わかりやすくするために女の子のイラストを起用した。そんな言い訳を立たせるためには、確かな内容がないと出来ないからだ。

しかも、萌え絵として出す以上、ターゲット層は絞られている。もちろんその年代の人々が興味を持ちやすい、興味を引く情報が書かれているに違いない。つまり、ライトノベルや漫画としても扱いやすい内容が、重点的に書かれているだろう。そうに違いない!!

しかしさすがに周期表やミカンを買ったところで、ラノベ的には役に立たない。

だいたい、家に読まなければならない本があるんだから、先にそっちを消化しろって話だ。

そんな折、ブックオフで見つけた本がこれだったのだ。

 

 

それでは、いつものようにレビューに入ります

まずこの本で一番目を引くこの表紙イラストです。

 

f:id:mikageriki:20160310184649j:plain

萌える! 悪魔事典 

      TEAS事務所

 

パッと見がこれ……ですね。ひどい。

慣れない人には手すら届かないことでしょう。

たぶんこの見た目で中身はどうせ……と思ってしまうのかもしれませんが、

予想を超えた真面目な内容です。

 

 

この事典を参考にして、悪魔の説明を

※あくまでも、個人の見解です。

 

悪魔とは、一言でいうのなら

「宗教上の観点から必要悪として作られた」

と、なります。

 

キリスト教のような一神教唯一神では、すべての事柄を神が担っています。

しかし、それだと各場所各場所に神が直接手を下すことになる。そんなわけで生み出されたのが天使です。

 

ですが、まだ説明不足な点が残ります。

疫病、事故など不幸な出来事はどのように説明すればいいのか。

 

そこで作り出されたのが悪魔です。

良いことはすべて神のおかげ、悪いことはすべて悪魔のせい、というように。

 

また、この悪魔の辞典にかかれている悪魔は

キリスト教

イスラム教

ユダヤ教

ゾロアスター教

に出てくる悪魔のみでした。

 

 

読んでみての感想

さて、

宗教まで掘り下げているとなると、布教のような雰囲気がありますが、この本では完全に資料としての立場を保っていました。

七大悪魔や堕天使はもちろん、ソロモン72柱の魔人まで載っています。悪魔のことを知りたいと思える人にも、十分耐えられるようなボリュームになっていました。

おそらく、悪魔に関しては、ラノベを書く資料として十分でしょう。

 

もちろん表紙絵通り、多数の絵師さんが参加しているので、絵を見ていくぶんにも充実しています。文字を読むのに疲れたので絵を見てみる、なんてこともできました。流石に絵の好みとかはあるかと思いますが。

 

あ、あと。

この本を買いたい場合、あなたが鋼の精神力を持っているか確認してください。

表紙絵が表紙絵なだけに、参考資料として買うには勇気が要る本です。

勇気がなかったのならば、おとなしくネット通販した方が無難です。

人によっては、レジに持っていくのが

死ぬほど恥ずかしい。

 

 

総合評価

勧められる人

ラノベ、ゲームなどで悪魔を登場させたい方

・萌え絵うひゃっほうの方

・悪魔を手軽に、詳しく知りたい方

 

勧められない人

・悪魔が登場する作品を書かない方

・萌え絵の雰囲気が苦手な方

・狂信者

 

 

小説参考度、★★★★★

 ネタになります。悪魔の事情を知ることで悪魔キャラに厚みが出ます。

茶番度、★★★★☆

 小ネタがたっぷりなので読みやすいです。

萌え度、個人差があります

 絵師さんが多いので、そこで分かれると思います。

 

総合評価、★★★★★

 この本最大の魅力は、ラノベやゲームに生かせるということです。

 もちろんキャラクターはオリジナル溢れる方が良いですが、名前を扱うなら元ネタは知っておきたいですし。

 それに、宗教はファンタジーラノベに出現する頻度が高く、とても参考になります。

 例えば、一神教なのに神信仰ではなく天使信仰が起こり、そのため天使の一部が堕天使の認定をされた。そんな宗教の裏の顔も書いてたり。良いネタの宝庫でした。

 

16/3/11追記

続きである天使事典のレビュー書きました。

mikageriki.hatenablog.com