読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラノベ資料発掘所

本をあまり読まない筆者が、読んだ本のレビューやら考察やらを書いていくブログ

特筆できる内容がなくてレビューになった……

今回は、ほぼ本のレビューになります。

内容も短いです。

ご了承ください。

 

 

 

事典本って難しいと思うのです。

深く書けば、種類を書けないし。

種類を書けば、深くを書けないし。

 

今回読んだ本は500種類の幻獣、幻想物の書かれた事典です。

値段も1000円以下で、非常に種類も多く、イラストも使われているとのことで読んでみようと思った本です。

 

幻想世界幻獣事典 [ 幻想世界を歩む会 ]
価格:915円(税込、送料無料)

 

 

まず開いて一番目を引くのはイラストの多さです。

萌え絵とかそういうのは一切なく、まじめな絵が多数でした。

 

縦18センチ、横13センチほどの大きさの本に、1ページで2体分。イラストと300字ほどの説明が書かれています。

 

採用されている幻獣はヨーロッパからエチオピアや中国まで、幅が広いです。ただし日本の妖怪等は少なかったです。

モンスター、妖精系、動物系の幻獣が多く、最後にソロモン72柱が紹介されています。

 

神やソロモン72柱は幻獣に入るのでしょうか……?

 

 

 

さて、

非常に事務的に特徴を述べたあとは、いつものように感想を書いていきます。

 

この幻獣(?)事典で最も残念な点があります。

圧倒的な説明不足です。

本の小ささ故か、意図しているのか。

『こういう本に出ている、こういう特徴がある。』

それ以上の説明文はあまりありません。

 

興味を引いたモンスターがいれば他の本で詳しく調べるからって……。

ストーリーも何もないような短さだと思いました。

読んでいっても記憶に残りにくい書き方です。もうちょっと掘り下げてくれれば、読み手に興味を持ってもらえるような気がしますが。

 

種類は多いし、イラストはオリジナルのようですので、多くの数を知りたい方には向いているかと思います。マイナーなものも多くて、値段も安めですし。

私の個人的な感想では、ちょっと高めでも他の方がいいのではないのかな。と思いますけど。

 

200円ほどで買える、古本屋という裏口もありますし。

金を取るか、質を取るかは財布の中身と情熱に相談してください。