読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラノベ資料発掘所

本をあまり読まない筆者が、読んだ本のレビューやら考察やらを書いていくブログ

話を聞かない男、地図が読めない女

 

古本屋って、

読まれなくなった本を売りに出されるっていうイメージが強いんですけど、

実際行ってみると、掘り出し物って結構あります。

 

この本も、楽天やアマゾンで買うと720円だったりするわけですが。

今回108円で手に入りました。

 

これだから古本屋はやめられない……。

 

 

 レビュー開始

 

f:id:mikageriki:20160313095629j:plain

 

話を聞かない男、

地図が読めない女

アラン=ピーズ+バーバラ=ピーズ/藤井留美=訳

 

 

今回は日本でベストセラーランキング49位の本です。

 

分かりにくいですよね。

179万部売り上げた本です。

         (世界一受けたい授業、参考。) 

 

印税(10%)で考えると720円としても……

あ、失礼。すみませんでした。

 

 

はじめに

まず初めに、必ず伝えなければならないことがあります。

この本は、性差別の本ではありません

また、下ネタにまつわる話を面白おかしく書き立てた本でもありません

 

科学的に立証し、男女は違う生き物だという事実を、

アメリカンジョークを交えて書いた本です。

 

 

分かりにくいでしょうか。

 

この本で伝えたいことは以下の二つです。

・男と女は脳の配線が違う。

・互いに互いのことを理解することで、いいコミュニケーションができる。

 

 

この本を参考に、上が女性向け下が男性向けに書いたものです。

説明すると、上は感情に訴えかけるように。下はわかりやすさを追求して書いた内容になります。

(上手い下手は気にしないでください!!) 

 

これは大ざっぱな例ですが、

男女は脳の仕組みも含めて違う生き物だ。というわけです。

 

 

この本にも書いてありますが、

「この本で挙げた証拠は、男女は生まれつき異なる行動を『しがち』だということに過ぎない。」

つまり、決めつけは良くないけど、参考にはなるということです。

 

決めつけるかどうかは老若男女問わず、ただの個人の偏見度合です。

人間は自分の思う通りのことのみを認める癖があります。一度、固定観念を取っ払って読まないと、どんな公正な文章も偏って受け取られます。

 

難しく考えないで、気楽に読んでください。

 

 

感想

この本を読んで、私は笑ってしまいました。

真面目な話をしたと思ったら下世話な話に飛んで、ちょっとアダルトな話になったと思ったら専門用語を並べ立てる。そんな中、ちょくちょく出てくるアメリカンジョークが面白いのです。

 

「女を必ず満足させるには

 身体に触れ、賛美し、甘やかし、いいところを思いっきり褒める。肩をもみ、壊れたものは直してやる。共感し、セレナーデを奏で、お世辞を言う。支え、食べさせ、なだめすかし…………。

男を必ず満足させるには

 裸で目の前に立つ。

 

こんな感じのお話もちょくちょく出てきます。

これはひどい。いい意味で」

と言えるのだったら、この本の面白さを味わうことができると思います。

こういう本が笑って読める世の中だったら、

少しは偏見や差別はなくなっているんだろうか。

ああ、この本に男脳女脳テストというものがありまして。

私は165点でした。オーバーラップ、男女ど真ん中という結果に。一応書いときますが、異性が好きです。

こういうのは、占いみたいなものだと思っていただければいいかと。

 

 

 総合評価

 勧められる人

・異性を理解しようとする人

・商売人

・傾向がある、の意味を正しく認識できる方

 

 勧められない人

・読んだことをそのまま社会だと捉えてしまうような人

・自分に都合に良い解釈しかしない人

 

 小説参考度、★★☆☆☆

 異性キャラを書くときはいいかもしれないが、やりすぎは禁物。 

アメリカ書籍度、★★★★★

 読んでみると、明らかにアメリカっぽい感じなので、苦手な人は苦手かも。

男女公平度、★★★★☆

 男も女も公平的に書かれています。どっちもどっち的な意味で。

 

総合評価、★★★☆☆

 評価はこんなですが、あくまで小説の参考としては微妙というだけの話。私はこういう本はアリだと思います。

 人間は所詮動物だ。生まれで半分は決まる。……なんて言うと反論する人が出てくるでしょうが、反論覚悟で書いた本にはそれだけの力があります。